真部クリニック
クリニックご案内 診療内容について 診療時間 アクセス お問い合わせ


各種検査のご案内

診療内容について ●各種検査のご案内 ●予防接種のご案内 ●漢方内科のご案内


内視鏡検査
>> 経鼻内視鏡(外部リンク:富士フイルム)

内視鏡は鎮静剤を用いた楽な『経口内視鏡検査』と『経鼻内視鏡検査』の両方が可能です。

■胃カメラによる内視鏡検査
胃カメラは、患者さんが検査を希望されれば、ほとんどの方に行なうことができます。
検査は当クリニックの副院長(日本消化器内視鏡学会専門医)が行いますので、安心して検査が受けられますようお世話致します。
当クリニックでは、常に安全に、痛みなど苦しくないよう検査が受けられることを心掛けています。お気軽にご相談ください。


■胃カメラってどんなもの?
胃カメラは、正式には「上部消化管内視鏡検査」といいます。
カメラを口や鼻から挿入し、先端についている高解像度ハイビジョンカメラで胃の様子を画面に映し出して検査を行うものです。内視鏡は細いものですと外径約5mmと、以前に比べれば非常に細くなっているので、楽に検査をうけていただけるかと思います。
当クリニックでは、最新の極めて細い経鼻内視鏡および高解像度経口胃内視鏡を用意しております。


■胃カメラってもっと楽に受けれないの?
最近では技術の進歩で胃カメラは小さくなり、以前に比べればずっと楽に受けれるようになりました。ただ、内視鏡がいくら細く小さくなったとは言え、胃カメラという異物をのどから入れることは誰でもしんどいものです。
当クリニックでは、少しだけ鎮静剤(眠る薬)を使用して、寝ている間に内視鏡検査を行いますので、とっても楽に検査を受けることができます。
また、鼻の麻酔のみで行う最新式の経鼻内視鏡検査の場合、内視鏡検査中に自分の胃の状態を見て、医師と会話しながら検査を受けることもできます。


■検査後、すぐに日常の生活に戻れます
胃カメラでの検査には鎮静剤(眠る薬)を使用しますが、量は少なめですので目が覚めるのも早く、少し休んでいただければ日常生活へ戻ることができます。ただし、車などの運転はやめてください。


■すべての患者さんが楽に検査を受けられるように
真部クリニックでは、すべての患者さんができるだけ楽に検査を受けられるように考えています。
最新の機器を設備していますが、胃カメラ(内視鏡)をより安全に受けて頂くために
も、検査はすべて経験豊富な副院長(日本内視鏡学会専門医)が行います。
胃カメラでの検査を受ける前に、不安に思っていることは何でもご相談下さい。
胃カメライメージ


胃カメライメージ


胃カメライメージ



腹部エコー検査
>> 腹部エコー
(外部リンク:toshiba)
腹部エコー検査
腹部超音波検査は超音波の反射を利用して体内をみる検査です。安全で痛みもありません。検査部位としては甲状腺、乳腺をはじめ、肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓などの腹部臓器、子宮・卵巣・膀胱・前立腺など骨盤臓器を検査します。絶食でしたらいつでも検査可能です。
睡眠時無呼吸症候群検査
>> 睡眠時無呼吸症候群検査器具
(外部リンク:フクダ電子)
睡眠時無呼吸症候群検査
通常、1泊2日の入院が必要な検査ですが、自宅での睡眠2日分で検査可能な器具をレンタルしています。保険適応可能です。
24時間ホルター心電図
>> 24時間ホルター心電図
(外部リンク:フクダ電子)
24時間ホルター心電図
短時間の心電図計測ではなく、不整脈や狭心症発作など、24時間の心電図計測および解析を行い、適宜専門医への紹介が可能です。

インフォメーション